tatsukii:

BBC - Dimensions - Index

地図の上にいろんな情報を重ねて見られるサービス。
メキシコ湾の原油流出の範囲を関東地方に重ねたりといったことができます。
やるなBBC。

tatsukii:

BBC - Dimensions - Index

地図の上にいろんな情報を重ねて見られるサービス。
メキシコ湾の原油流出の範囲を関東地方に重ねたりといったことができます。
やるなBBC。

16 notes

proofmathisbeautiful:

ichrider:

davidcustiskimball:

fuckyeahmath:


Book Stacking ProblemHow far can a stack of n books protrude over the edge of a table without the stack falling over? It turns out that the maximum overhang possible dn for n books (in terms of book lengths) is half the nth partial sum of the harmonic series.


Real Estate, Design, Environment
Notice that as the ‘arch’ widens, a steeper beginning curve is produced, characteristic of the parabolic arch. Lovely.

proofmathisbeautiful:

ichrider:

davidcustiskimball:

fuckyeahmath:

Book Stacking Problem
How far can a stack of n books protrude over the edge of a table without the stack falling over? It turns out that the maximum overhang possible dn for n books (in terms of book lengths) is half the nth partial sum of the harmonic series.

Real Estate, Design, Environment

Notice that as the ‘arch’ widens, a steeper beginning curve is produced, characteristic of the parabolic arch. Lovely.

165 notes

成人の万引き犯は10年前(1992-2002)の2倍に急増しているのが判る。
20歳代は10年前の1.7倍、50歳代は2.2倍、60歳代は2.6倍、70歳以上は4倍と高齢者ほど増加している。

ilovecharts:

Bush Tax Cuts vs Obama Tax Cuts

ilovecharts:

Bush Tax Cuts vs Obama Tax Cuts

102 notes

proofmathisbeautiful:

ichrider:

fuckyeahengineers:

problemsolver:

vanillacherries:

unmaskedfear:

dartt:

devincastro:

These wonderful shapes are caused by hitting a nail against a piece of clear acrylic while being charged with electricity, the result is a charge being stuck inside for a good amount of time.
Watch the incredible video, here.
Fuckyeahengineers:
Absolutly amazing! Fractals are in everything!

proofmathisbeautiful:

ichrider:

fuckyeahengineers:

problemsolver:

vanillacherries:

unmaskedfear:

dartt:

devincastro:

These wonderful shapes are caused by hitting a nail against a piece of clear acrylic while being charged with electricity, the result is a charge being stuck inside for a good amount of time.

Watch the incredible video, here.

Fuckyeahengineers:

Absolutly amazing! Fractals are in everything!

551 notes

首記の件につきまして、昨日まで弊社あてにメールと電話で複数お問い合わせをいただきました。この場を借りて、スタジオジブリの見解と対応について述べさせていただきます。

 「福島第二原子力発電所エネルギー館」の中に開設されている、スタジオジブリのライセンス商品を販売する「どんぐり共和国」につきましては、重大な判断ミスでした。誤解を招くものであり、弊社として、考えが足りませんでした。お詫び申し上げます。

34 notes

良い子の諸君!暴走族やヤンキーの溜まり場に 花束や線香を供えておくといなくなるぞ!

1,345 notes

日本の航空料金が高いのは鉄道に影響を与えないため。そして高速道路が有料でしかも法外なのは、鉄道、航空、フェリーなどに影響を与えないためだ。すべてが国際的にみて異常な高水準で安定している。その結果、モビリティの低い社会が生まれ、過密と過疎が悪化し、狭い平地をさらに狭くし、デフレにもかかわらず事業コストも生活コストも下がらず。投資環境が改善できない。

685 notes

臨月

臨月に入った、ある奥さんが電車に乗った時の出来事。
上品な紳士に席を譲られ、お礼を言って座りました。その紳士が下車する一瞬、
紳士の着るスーツの襟に付いた、見覚えのある社章に気付きました。
「主人と同じ会社だ」
帰宅したご主人に事の顛末を話しました。奥さんから聞いた背格好から推定し
調べた結果、顔見知りの、別の課の課長さんである事が判りました。
課長さんは「ああ、君の奥さんだったのか。こんな事もあるんだねぇ」と言い、
この偶然について驚いていたそうです。

3ヶ月後。
課長さんの自宅に、奥さんの名前で一通のハガキが届きました。赤ちゃんの
写真が印刷され、その横にはこう書き添えられていました。
「その節は、ありがとうございました。この子は、あの時の子供です」

その日、課長さんの家は、大変な修羅場と化したそうです

電網辻々噺: 臨月 (via yuria) (via iyoupapa) (via tanakamp) (via motomocomo) (via aclockworktam) (via komahiko) (via nuremochi) (via uessai-text) (via masaka) (via babie) (via suchi) (via yuco) (via radioya) (via nakano)

341 notes

中島らもさんから「貴方に取って◯◯とは」という質問をするインタビュアーは無能なので、何でも「愛です」と答えておけ、と教えられました。

1,450 notes

先日 NHKで放映された「無縁死」は随分大きな反響があったらしい。 私も敬遠したくなる題名だったが結局熱心に見て、考えさせられた。
人間、所詮は一人、どういう死に方でも死に変わりは無い、孤独死それも結構と割り切っていたつもりが、現実を見せられると動揺した。 寂寞たる思いは理屈じゃない。

昔はそれを避けるため親類縁者の付き合いに気を遣い、地域社会から排除されなように義理を尽くし、階級制度に甘んじ、会社で嫌な事も我慢し、自分の国のためにもつくした。
子ども連れで親戚を訪れるのは日常の恒例だった。
親が早世すれば、そこの子どもは親戚が手分けして成人するまで面倒を見るのが当たり前だった。

敗戦を境にして若者の意識は変わった上に発言権が強くなった。中年以上、ことに高齢者層は「民主主義の世の中になったのだから」の言葉に押さえられて何も言えなくなった。
窮屈なしがらみは避けられ、能力主義で落ちこぼれれば国家がみるべきだとなる。
女性が社会に進出すれば生活のための結婚はなくなる。
我々世代の夢が実現したとも思える。

大雑把に記したが、私も夢見て来た個人の自由を追い求めた一つの結果が「無縁死」「行旅死亡人」だとすると考えさせられた。
今の私は家族、友人に恵まれ幸せだが、この歳になって思うことは昔からの親友,知人に先立たれ、体力の衰えは否めない。若いとき思い描く以上に高齢期は厳しいと若い人達に伝えたくなるがオセッカイなのだろうな。

子供の頃、「湿度70%」が不思議でした。「空気中に含まれる水分の量」と聞いて、空気全体の七割が水なのだと思ったのです。すると本当の空気は3割しかない!。そんなに水が空中にあったら溺れちゃうかも。中学生になって、空気が水蒸気を抱え込める量には限界(飽和水蒸気量といいます)があって、その限界に対して、70%なのだということを知りました。だから湿度100%でも溺れる事はないと。

さて、暖房を入れたりストーブを焚いたりすると「空気が乾いて、喉が痛くなる」と感じる人はたくさんいるでしょう。ヒーターでタオルを乾かすように、熱が水分をどこかへ飛ばして空気そのものを乾かすイメージがありますが、考えてみると妙です。タオルの場合は水が空気中に逃げていく、でも空気を乾かすといっても、水の行き場がないし。

ではなぜ乾くのか。実は。気温が上がると空気の飽和水蒸気量は大きくなります。つまり、ストーブによって暖められた空気は、抱えている水の量は変わらないのですが、水を抱えられる器が大きくなる。余裕ができた空気はあたりの水分を吸い上げ、当然、私たちの体の水分も奪います。タオルなども乾きやすくなるので、「空気が乾いた」と感じるのです。

逆もあります。水をいっぱい抱えた空気の温度が下がると、今度は器が小さくなって、やがて水を持っていられなくなります。その結果、空気から放り出された水が「露」です。冷やされた空気は、水を持ちきれなくなって、ガラスの上や、葉っぱの上に水を置いていく。

温度によって水を抱え込める器の大きさが変わる。中学で習ったような気がしたのですが、先日妻とスタッフに話したら感心されてしまいました。そして昨日はSFCの学生達にも…。

結局また、理科の授業みたいになってしまいました。

植物状態と診断された患者らに質問を投げ掛け、脳の反応を機能的磁気共鳴画像法(fMRI)で調べる研究で、一部の患者に意識のある兆候が見られた。英ケンブリッジ大とベルギー・リエージュ大の研究者による共同チームが4日、研究の成果を発表した。

チームは3年間にわたり、植物状態にあるとされる患者23人を対象に研究を実施。「あなたのお父さんの名前はトーマスですか」など、「はい」「いいえ」で答えられる項目を尋ね、fMRIで脳の活動の変化をみた。

健常者の脳をこの方法で調べた場合、質問に対する答えと100%一致する反応が得られる。チームの研究では、全体の17%に当たる4人の患者が、質問に反応を示したという。

特に、29歳のベルギー人男性の脳からは、はっきりと「はい」「いいえ」に相当する変化が読み取れた。この男性は2003年の交通事故で頭部に重傷を負い、こん睡状態に。外界との交流が一切途絶え、2005年には植物状態に陥ったとの診断を受けていた。

チームのメンバーは、「fMRIによって植物状態でないことが分かっただけでなく、この患者が診断以来初めて、外界に意思を伝える手段を得たことに大きな意味がある」と話している。この方法は将来、意志疎通の手段を失った患者たちのケアや治療に重要な役割を果たすことが期待される。

ベルギーでは昨年末、23年前の交通事故で植物状態に陥ったと誤診されていた男性に意識があることが判明。男性はコンピューターのキーボードを通して「叫びたかったが声が出なかった」などと訴え、注目を集めた。